日本児童・青少年演劇劇団協同組合
TOP 児演協とは 加盟劇団名簿 関係団体リンク お問い合わせ
児演協フェスティバル情報
児演協加盟劇団演劇鑑賞検索
メールでお問い合わせ
劇団公演情報
チケット購入
出版物案内
児演協コラム
児演協コラム
児演協コラム


児演協加盟劇団情報
【劇団情報】
劇団名
人形劇団クラルテ
所在地情報
559-0015
大阪府大阪市住之江区南加賀屋3-1-7

TEL: 06-6685-5601  FAX: 06-6686-3461
ホームページURL
http://www.clarte-net.co.jp/
劇団からのご紹介
人形劇団クラルテは1948年、第二次世界大戦後の大阪の焼け跡から生まれ、今年で創立60周年を迎えました。クラルテとはフランス語で”光”を意味します。明るい文化の火をともし続けたいという思いで名づけました。 学校公演は劇団創立当時から重要な活動として継続し、また幼児のためには「おひさま劇場」という公演スタイルで全国を飛び回っています。大人のための人形劇として近松門左衛門や、シェークスピアなどを現代人形劇として取り上げ毎年秋に劇場上演しています。
【公演情報】
作品タイトル 公演依頼
新・動物農場 -
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
人間に重労働を強いられた動物たちが三匹のブタ(ナポレオン・スノーボール・スクイラー)の指導の下、革命を起こし『すべての動物は平等である』という理想的な「動物農場」をつくった。しかし指導者のブタたちがいつの間にか独裁者となり人間と同じように動物たちを支配していく… だが、残された動物たちはもう一度、立ち上がった!

作品タイトル 公演依頼
11ぴきのねことあほうどり -
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
11ぴきのねこはある日ジャガイモ畑をみつけます。「ジャガイモといえばコロッケ!」みんなでコロッケを作り、コロッケ屋を始めます。そこへ あほうどり がやってきて島にいる兄弟にもコロッケを作って欲しいと頼みます。気球に乗って島に行ったねこたちは?

作品タイトル 公演依頼
かさじぞう/ポリチーノのけっこんしき -
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容

作品タイトル 公演依頼
カマキリと月 -
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容

作品タイトル 公演依頼
火の鳥〜黎明編〜 -
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
原作/手塚治虫    時は古代。クマソの国に火の中から何度でも甦り、その血を飲んだ者は永遠の生命を手に入れるという火の鳥がいた。火の鳥を狙う女王卑弥呼に故郷の村を焼き滅ぼされ、復讐を心に誓うクマソの少年ナギ。人の欲望が生み出した争いは、誰にも止めることが出来ないのか。「この世はどうして生まれたの人間は何のために生まれたの・・」少年少女合唱団による生のコーラスと共におくります。

作品タイトル 公演依頼
TEN・AMI(てんあみ)
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
原作/近松門左衛門『心中天網島』より    1973年に『女殺油地獄』を上演してから14作品目の近松もの。黒一色の舞台に鮮やかな人形が際立つ。ラストへ向う道行は、白装束の二人が黒く大きな月を背にして美しい・・・。近松の「人形にかかるを第一とする」という言葉のように人形に命を吹き込み、人形にしか表現できない人間の感情を描きます。胡弓の生演奏です。

作品タイトル 公演依頼
スーホの白い馬
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
原作/モンゴルの民話 大塚勇三再話(福音館書店刊)  スーホが大切に育てた白い馬を無理やり王様に横取りされ、殺されてしまいます。嘆き悲しむスーホに白い馬はそっと語りかけます。「悲しまないで。私の体で楽器を作っておくれ」 馬頭琴の神秘的な音色と共に、モンゴルの大草原を感じられる作品です。

作品タイトル 公演依頼
おひさま劇場『カマキリと月』『ずんぐりイモムシの夢』
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
『カマキリと月』 原作/マグリート・ホーランド 大きな月が高く昇る夜、夢を見るのが大好きなカマキリがいました。 カマキリは月に乗ってみたいと、大きな月を捕まえようとしました。 しかし、月は捕まえられません。「月がどこに沈んでいくか見ていてやろう!」 カマキリは池に映る月を見つけます。でも、月はカマキリを乗せてはくれません。 「えーい!」カマキリは、池に向かって石を投げます。 月はきらきらとしぶきを散らしながら消えていきました・・・。 『ずんぐりイモムシの夢』原作/マグリート・ホーランド ねぇ、みんな知ってる?小さな命がいっぱいあるってこと。小さい命のずんぐりイモムシが歩いています。ゆっくりゆっくりと。そこへ、ダイクバチやクモたちがやってきて、ずんぐりイモムシをからかいます。元気をなくしたずんぐりイモムシにオレンジイモムシが声をかけてきました。

作品タイトル 公演依頼
おひさま劇場『あひるさんのぼうし』『もりのゆうびんはいたつ』
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
『あひるさんのぼうし 』原作/神崎利子(福音館書店) ある日のあひるさん、ありったけのお金をもって帽子を買いにでかけます。買ったのはピンクの水玉模様。あひるさんはおしりふりふり自慢しながら歩きます。ところが帽子はひとりで飛んでいってしまいました。あひるさんは「なんて生意気な!」と追いかけますが・・・                                 『もりのゆうびんはいたつ』 原作/小沢正                          こぶたくんとうさぎさんが「郵便屋さんごっこ」をおもいつきました。 ポストをつくります。宣伝もします。「ポストができました、手紙をいれてくださーい」野原を一周して帰ってくると、ポストに手紙が入っていました。 さあ、届けようとはりきったら、それは「森のおおかみさん」あてなのです。 「こわいけどがんばる」とふたりは森へでかけます。最後はひみつ・・・。

作品タイトル 公演依頼
おひさま劇場『へびくんのおさんぽ』『おまえうまそうだな』
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
『へびくんのおさんぽ』原作/いとうひろし(すずき出版刊)のっそりのそのそ にょろりん にょろりん おさんぽ大好きへびくんは、今日もおでかけ。原っぱにいくと、あれれ?いっぱいの水たまり。にょろりん〜とへびくんが渡ろうとすると・・・。 やさしく暖かい世界がくりひろげられます。 『おまえうまそうだな』原作/宮西達也(ポプラ社刊)迷子のたまごから恐竜のアンキロサウルスの赤ちゃんがうまれました。「おかあさん、おとうさん・・」でも、返事がありません。一生懸命探しても見つかりません。そこへやってきたのは、「ガオ〜!」おなかをぺこぺこにすかせた肉食恐竜ティラノザウルス。ずっと昔、恐竜が暮らしていた世界のちょっとおかしくて、心温まるお話です。

作品タイトル 公演依頼
おひさま劇場『どうして、ぞうさんのはなはながいの?』『ゆらゆらばしのうえで』
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
『ゆらゆらばしのうえで』原作/きむらゆういち(福員館書店刊)うさぎを追いかけてきつねが渡ろうとした橋は、ちょっとでも動くとゆらーりゆらりと揺れる一本の丸太橋。二匹は橋の両側で身動きがとれなくなってしまいます。ドキドキするような大ピンチに二匹はどうするのかな。 『どうして、ぞうさんのはなはながいの?』原作/R・キップリング  昔々、ぞうさんの鼻がまだ短かった頃のお話です。ジャングルも人形も全部ペーパークラフトの柔らかな世界が広がります。

作品タイトル 公演依頼
サーカスのライオン
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
原作/川村たかし(ポプラ社刊)「さて、おまたせしました。サーカス一番の人気者、ライオンじんざの火の輪くぐりでござ〜い!」 じんざは三つの火の輪をくぐりました。 拍手が鳴り響きます。でも最近のじんざは元気がありませんでした。 生まれたアフリカのことを思い出すからです。 ライオン遣いから服を借り人間の格好をしてじんざは散歩に出かけました。 じんざが星を見上げていると、少年が声をかけてきました。 「おじさんは、サーカスのおじさん?」 サーカスを見た少年はライオンじんざがしょげていたのが気になって、お見舞いにきたと言うのです・・・

作品タイトル 公演依頼
おひさま劇場
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
二人〜三人で上演する人形劇。上演演目は、日本の民話や世界の昔話、現代絵本を原作としたもの、さらにオリジナル作品もあり、全部で27組52作品あります。子どもたちのすぐ目の前で上演し、小さい子どもたちから安心してゆったり観ていただけます。

作品タイトル 公演依頼
あらしのよるに
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
原作/きむらゆういち(講談社刊)絵本「あらしのよるに」シリーズ1〜6巻より      あらしの夜、真っ暗な山小屋で出会った狼のガブと山羊のメイは、相手の正体に気づかず話すうちすっかり意気投合し、翌日再会の約束をします。合言葉は「あらしのよるに!」次の日、出会った二匹は・・・。

作品タイトル 公演依頼
ワニがうたえば雨がふる
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
原作/岡田喜久子(あかね書房刊)  満月の中、空を飛ぶ魚たち、ワニが住む幻想的な「雨の向こう側」を舞台に、子どもたちの「淋しさ」をそっと包み込んでくれる温かくて、ファンタジックな人形芝居。

作品タイトル 公演依頼
銀河鉄道の夜
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
原作/宮沢賢治  小学校高学年以上対象    本当の友達って? 本当の幸せって? 人は死んだら何処へ行くの?   もうこの世にはいないはずの友達カンパネルラとジョバンニが銀河鉄道に乗って一緒に旅するお話です。次々と乗り合わせてくる登場人物それぞれが意味を持ち不思議な魅力を感じさせます。主人公ジョバンニの悲しみ・心の揺れを五感で感じてください。紙でできた人形たちが命を伝えます。

作品タイトル 公演依頼
11ぴきのねことぶた
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
原作/馬場のぼる(こぐま社刊)  おじさんの家をさがしていたぶたは、とても親切なねこたちと出会いました。ねこはぶたの新しい家を作ることを手伝う事にしました。出来上がった家はとても素敵でした。   するとねこたちは・・・。   「11ぴきのねこ」シリーズ第2弾!

作品タイトル 公演依頼
ハムレット
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
贋作/W.シェークスピア   シェークスピア四大悲劇の一つ「ハムレット」に現代人形劇としては日本で初めて挑戦しました。400年前に生まれ、世界中の観客を魅了し続けてきた名台詞の数々を命をもった人形が語ります。二胡の音色がハムレットの不思議な宇宙を表現します。

作品タイトル 公演依頼
ペンギンたんけんたい
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
原作/斉藤洋(講談社刊)南極が地球の一番下だったら、どうしてペンギンは落ちないの? 一体地球はどうなっているの??それを調べに、ペンギンたんけんたいがしゅっぱーつ!愛らしいペンギンたちの冒険の旅をお楽しみ下さい。

作品タイトル 公演依頼
おーいペンギンさーん
ジャンル
公演予定日と会場
2017/05/06(川崎市アートセンター)
内容
原作/岡田よしたか(福音館書店刊)  お風呂屋さんに一人で行った太郎くん。お風呂から上がってみると、「あっ!ぼくの服がない!?」残っていたのは なんとペンギンの服でした。太郎くんはすぐに追いかけた。「おーいペンギンさーん!」舞台はお風呂屋さんから南極へ。太郎くんはペンギンのペンタロウを追っていく途中、ワニやあほうどり、最後にはくじらに助けられ、やっとのことで南極に着いてみると・・・

作品タイトル 公演依頼
ふつうのくま -
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容

作品タイトル 公演依頼
11ぴきのねこふくろのなか
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
原作/馬場のぼる(こぐま社刊)ニャゴニャゴニャーゴ!11ぴきはみんなのらねこ。そして、みんな仲間。ある晴れた日、11ぴきのねこは、大好きなお魚のお弁当をリュックサックにつめて、遠足に出発!とらねこ大将を先頭に、歌いながら歩いているときれいな花畑がありました。見ると立て札があって「はなをとるな」と書いてあります。行動力のある11ぴきのねこは客席の1人1人の子どもたち。どんどん前へ進むねこたちのパワーあふれる人形劇です。

作品タイトル 公演依頼
―大人のための人形劇ー七つの人形の恋物語 -
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
舞台女優を夢見てパリに出てきたムーシュ。だが現実は厳しく、全てのオーディションに落ち、食べるために場末のストリップ小屋で踊っていた。やがてそこもお払い箱になり、絶望し、セーヌ河に飛び込む決心を・・・と、不意に「おーい、その子、河の底は寒いぜ」、振り向くと赤毛の少年の人形が語りかけてきた。そこは人形一座「キャプテン・コック一座」の芝居小屋、ムーシュは今までの苦難を忘れ、幻想的な世界に惹き込まれていく。そして人形たちと言葉を交わすムーシュの不思議な魅力が見いだされ、人形一座の座員に。しかし、座頭で人形遣いのミシェルは悪魔のように冷徹な男だった。

作品タイトル 公演依頼
人形芝居 有頂天家族 -
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容
現代京都の裏側で起こる狸と天狗と人間の三つ巴の大騒動をふわふわの愛で包む、 傑作・毛玉ファンタジー、初の人形劇化!

作品タイトル 公演依頼
おきゃく、おことわり? -
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容

作品タイトル 公演依頼
赤ちゃん劇場 coucou -
ジャンル
公演予定日と会場
-
内容

作品タイトル 公演依頼
冥途の飛脚 -
ジャンル
公演予定日と会場
2017/08/13(相模原南市民ホール)
内容
行き着く先はたとえ冥途とわかっていても…  新口村から大阪の飛脚問屋亀屋へ養子に来た忠兵衛は養父亡きあと店を継いだが、新町の遊女梅川と深い仲になり身請けを一心に願い、友人の八右衛門から借りた五十両も使い込む始末。  そこへ江戸から為替金三百両が届き、忠兵衛はその金を懐に梅川のもとへ。廓では八右衛門が忠兵衛の廓通いを止めようとわざと悪口を言いふらすが、門口で立ち聞きした忠兵衛はカッとなって三百両の封印を切り梅川を請け出すことに。何も知らず夫婦になれると喜ぶ梅川に封印切りの事実を語り、追手から逃れるために忠兵衛の故郷新口村へ向かう。  村ではすでに大金を横領したことが知れ渡り、二人は昔馴染みの家に身を隠す。